こども園だより -news-

2018/07/26

7月26日幼児クラスの様子

ぶどう

 避難訓練では、土砂崩れの想定で第1駐車場、第2駐車場へと避難しました。今月の土砂災害を思い出して、大雨の恐ろしさや訓練の大切さを話し合いました。その後、バスに乗って、ITビルへ花火の作品を見に行きました。市内全園の作品を見て、各グループ素敵だなと思う作品を選んで見ました。それぞれ理由を発表して、他園の作品のすてき探しをしました。光っている材料をたくさん使っている作品に人気が集中していました。吉美こども園の作品はめろんとぶどうの共同製作です。「みんなで楽しく作ったで賞」がついていました。その後、突然でしたがFMいかるにお邪魔し、製作中のビデオを見せてもらいました。綾部市のホームページで見ることができます。収録中だったので、静かに見学させてもらいました。

めろん

 今日は、土砂災害を想定した避難訓練がありました。「土砂崩れ」という声が聞こえると慌てて動きだした子どもたちでしたが、「防災頭巾をかぶったら水筒を取ってきて」の話をちゃんと聞いており、落ち着いて行動ができたと思います。ただ、第1駐車場から第2駐車場への移動では、緊張が解けてお喋りも聞かれました。今日は暑い日でしたが、災害はいつ起こるかわからないのですばやく避難ができるようにしようと話しました。訓練後は折り紙をしました。「クジラ」の折り紙だってので、自然に「クジラのバス」の歌をくちずさんでいました。また、なすびのピザを食べました。

みかん

 土砂災害を想定した避難訓練がありました。歌を歌っているときに、「土砂崩れ」の声を聞き、一瞬で静かに…。「防空頭巾をかぶるように」と伝えると、急いでかぶりに行っていました。第1駐車場への避難もすばやくできました。二次災害想定で第2駐車場への再避難もしました。避難中、お喋りしてしまうこともありましたが、暑い中、自分の命を守るための練習を頑張れました。お茶をしっかり飲んだ後、中庭で泥んこ&水遊びを楽しみました。ヤカン、コップ、皿を出して遊んだり、マヨネーズの容器に水を入れ、水鉄砲にしたりとても楽しそう。かけたり、かけられたりして、よい笑顔が見られました。※泥んこ遊びの用意をお願いします。