こども園だより -news-

2019/05/09

5月9日幼児クラスの様子

ぶどう

 楽しみにしていた和太鼓。めろん組の後になるので、待っている間は中庭で遊びました。聞えてくるめろん組の太鼓の音を耳にしながら、遊んでいました。めろん組が終わったと知ると、あっという間に片付けてホールへ。ホールに入ると、いつもと違う太鼓の並び。「わぁ!」と、また楽しみが膨れ上がりました。昨年度叩いた「名探偵コナン」今年は進化します。進化する内容はスピード。短く声を出して、素早く叩く。子ども達は「進化」の言葉にウキウキ。初めて叩く「火炎太鼓」太鼓の先生の真似をしながらリズム打ち。午後の時間も頑張り一通りのリズムを教えてもらい叩きました。曲を聴くと、昨年ぶどう組が叩いていたリズムがよみがえり、自然に身体を動かす子もいました。ゆっくりテンポ。超スピードのテンポ。どちらのテンポも楽しんで叩けました。あこがれのぶどう組の火炎太鼓。スタートです。

めろん

 初めての和太鼓指導がありました。子ども達はドキドキ、ワクワクの様子。太鼓の先生の話を、じっと聞く姿、よく見て真似する姿がたくさん見られました。実際にバチで叩くまで、さっと立ったり、用意のポーズをしたり、「ハイ」と短く大きな返事をしたりと、太鼓で大切なこと、基本的なことを楽しみながら練習していきました。バチをもらっても、かっこいい姿のまま待つ子ども達。叩きたいのをぐっとこらえるのも大事なことです。そして、いよいよ太鼓を叩く時。みんな生き生きとした表情で力強くバチを上下に動かしていました。

みかん

 前庭で遊びました。ブランコや滑り台で遊んでいましたが、ダンゴ虫や何かの幼虫を見つけると虫探しに夢中になりました。今は、女の子の方が平気で虫に触っています。「あそこにおるで…」「ダンゴ虫兄弟、見つけた」どこかで聞いた名前を付け、みかん組のダンゴ虫カゴの中にはたくさんダンゴ虫が入っています。毎朝「動いているで」と報告してくれます。

給食(チキンカレー、大豆とアスパラガスのサラダ、バナナ)

おやつ(ヨーグルト、おかし)