こども園だより -news-

2019/03/14

3月14日幼児クラスの様子

※明日、幼児クラスは春のバス遠足です。9時までの登園をお願いします。リュックサックにお弁当、水筒、レジャーシート、おしぼり等の準備をお願いします。

ぶどう

 今日は、ばなな組からめろん組まで進級体験をして、次年度のクラスで一日を過ごす日でした。ぶどう組はホールで過ごしました。昨日突然に決まったお別れクッキングは、劇の春・秋グループが焼きそば班、夏・冬グループが特製スープ班の2班に分かれて作りました。畑から、キャベツを採って来てみんなでちぎったり、クッキングはワクワクした気分で、楽しく調理できました。美味しそうなにおいが立ち込めて、お別れパーティの始まりです。みんなで”キラキラがいっつぱい”の歌を歌って「いただきま~す」。食事中は、みんなのリクエスト曲をピアノやCDでBGMとして流しました。「「やきそばおいしい」「スープおかわりある?」とみんなすごい食欲でした。楽しいパーティいになりました。

めろん

 ぶどう組の部屋で遊んで給食を食べて…ウキウキワクワクな1日でした。朝の歌を歌っていると部屋に来られた先生に「ぶどうさんみたい」と言ってもらいニコッ。「LaQで遊ぶ」「絵本を見る」とぶどう組ならでは「少し机が高い」「椅子が違う」と体で感じ、「ぶどう組で食べる給食は美味しい」とモリモリ食べていました。進級が楽しみです。日中は地震を想定し、吉美小学校まで実際に避難してみました。もし途中で揺れが来たらどこが危ないか等を考えながら歩きました。しゃがみ込み、頭を隠す、山の斜面、電柱から離れたり、お喋りせず、避難を一番に考えて歩くと10分かからず歩くことができました。

みかん

 「4月から何組になるのかな?」と聞くと「めろん」と声を合わせて答えてくれました。”めろん組”はどんなイメージがするのか聞いてみると「かっこいい」「優しい」「お話が聞ける」「仲良し」「「大きい」とい声が出ました。そんなイメージや憧れを持って、めろん組の部屋で過ごしました。朝や夕方に、よく一緒に遊んでいるので直ぐに好きな遊びを見つけて楽しんでいました。絵本をじっくり見たり、カルタ、トランプ、カードを友達としたり、ごっこ遊びをしたり、めろん組の部屋にすっかり馴染んでいました。

給食(カボチャコロッケ、青菜とコーンのサラダ、わかめスープ、バナナ)

おやつ(オレンジフレンチトースト、牛乳)